トップページ> コラム欄

コラム欄

リスクについて関心を持つJRMNの会員やパートナーから提供いただいた、広い意味でリスクにかかわるスナップ写真を「今月の1枚」(フォトエッセー)として 基本的に毎月掲載するとともに、日常のなかから紡いだエッセーなどを不定期に掲載します。

 今月の1枚

リスクについて関心を持つJRMNの会員やパートナーから提供いただいた、広い意味でリスクにかかわるスナップ写真を「今月の1枚」 (フォトエッセー)として基本的に毎月掲載します。

◆「今月の1枚」(10月)
今月の1枚(10月) 新型レジ機(近所のパン屋さんにて)

写真撮影・文 共 宮崎隆介(JRMN
   会員)  

  自宅の近所でちょくちょく行くパン屋さんに最近写真のような新型のレジ機が設置された。パソコン画面に店員が打ち込んだ購入品目と代金が表示され、客は それを見て代金をお札と硬貨に分けて入れるとおつりも出てくる。スーパーではだいぶ前からセルフレジ機が設置されているし、電車の切符など自動券売機 (販売機)は窓口販売に代わるものとして定着している。これらは省力化が一番の理由だろう。 このパン屋さんでは画面にあるように〈衛生面向上〉と謳っている。確かにここの場合見ていると省力化にはなっていないようで、衛生面からの導入のように 思われる。最近の埼玉、群馬県での惣菜によるO157食中毒事件の報道の中に、レジで調理担当者が手袋をつけたまま会計のレジ打ちをしていた(つまりお金を 取り扱う)といったことがあった。お金を扱えば手に雑菌が付き不衛生になり、裸の商品を扱えば菌が移りもする。 小さなパン屋さんではあるが、食べ物を扱う店としての責任感が伝わってきて、これからもこの店をひいきにしたいと思った。

  [過去の〈今月の1枚〉](2013年11月から掲載を始めました)
2013年11月2013年12月2014年1月2014年2月2014年3月2014年4月2014年5月2014年6月2014年7月2014年8月2014年9月2014年10月2014年11月2014年12月2015年1月2015年2月2015年3月2015年4月2015年5月2015年6月2015年7月2015年8月2015年9月2015年10月2015年11月2015年12月2016年1月2016年2月2016年3月2016年4月2016年5月2016年6月2016年7月2016年8月2016年9月2016年10月2016年11月2016年12月2017年1月2017年2月2017年3月2017年4月2017年5月2017年6月2017年7月2017年8月2017年9月



©  CopyRight2008  Japan Risk Manager Network   All Rights Reserved