トップページ> コラム欄

コラム欄

リスクについて関心を持つJRMNの会員やパートナーから提供いただいた、広い意味でリスクにかかわるスナップ写真を「今月の1枚」(フォトエッセー)として 基本的に毎月掲載するとともに、日常のなかから紡いだエッセーなどを不定期に掲載します。

 今月の1枚

リスクについて関心を持つJRMNの会員やパートナーから提供いただいた、広い意味でリスクにかかわるスナップ写真を「今月の1枚」 (フォトエッセー)として基本的に毎月掲載します。

◆「今月の1枚」(8月)
今月の1枚(8月) 原爆死没者慰霊碑の奥に見える原爆ドーム(広島平和記念公園)

写真撮影・文とも 
   宮崎隆介(JRMN会員)

  高校の修学旅行以来だから55年ぶりの平和記念資料館再訪である。平日にもかかわらず多くの老若男女、外国からの旅行者や修学旅行の生徒も熱心に見学していた。 本館は改修工事に入り、新装なった東館の見学になった。 もう1年を過ぎたが、昨年のG7サミット(伊勢志摩)後に実現したオバマ大統領の広島訪問時の慰霊碑前の演説をテレビ生中継で一部始終見ていたのが思い出された。 予想外に長い演説で、訥々とした口調が記憶に残っている。資料館では大統領手ずからの折り鶴一羽が展示されていた。 〈武器よさらば〉の実現は、国家レベル(戦争)から民衆レベルまで社会の状況が許すまでどれだけかかるのか神のみぞ知るだけれど、民衆レベルでは我が日本の誇る べき〈豊臣秀吉の刀狩り〉に由来するといわれる銃隔離社会からアメリカの銃社会までの差がある。ふと思うのは国家レベルでの〈刀狩り〉ともいうべきなのが日本 国憲法の〈戦争放棄〉ではないだろうか。アメリカから強制されたものだから自らに取り戻すべきだという〈再軍備〉派もいるけれど自らの意志で〈戦争放棄〉を 受け入れる派もいて、現状では多数派のように思われる。もちろん〈自衛の権利〉という微妙な問題は残るけれど。8月の暑い季節を迎えていずれにしても〈原爆の日〉 と〈終戦記念日〉はいつまでも私たちが〈平和〉を考え続ける駆動力になってくれるだろう。

  [過去の〈今月の1枚〉](2013年11月から掲載を始めました)
2013年11月2013年12月2014年1月2014年2月2014年3月2014年4月2014年5月2014年6月2014年7月2014年8月2014年9月2014年10月2014年11月2014年12月2015年1月2015年2月2015年3月2015年4月2015年5月2015年6月2015年7月2015年8月2015年9月2015年10月2015年11月2015年12月2016年1月2016年2月2016年3月2016年4月2016年5月2016年6月2016年7月2016年8月2016年9月2016年10月2016年11月2016年12月2017年1月2017年2月2017年3月2017年4月2017年5月2017年6月2017年7月



©  CopyRight2008  Japan Risk Manager Network   All Rights Reserved