トップページ> コラム欄

コラム欄

リスクについて関心を持つJRMNの会員やパートナーから提供いただいた、広い意味でリスクにかかわるスナップ写真を「今月の1枚」(フォトエッセー)として 基本的に毎月掲載するとともに、日常のなかから紡いだエッセーなどを不定期に掲載します。

 今月の1枚

リスクについて関心を持つJRMNの会員やパートナーから提供いただいた、広い意味でリスクにかかわるスナップ写真を「今月の1枚」 (フォトエッセー)として基本的に毎月掲載します。

◆「今月の1枚」(2019年2月)
今月の1枚(2月) 歩道地下埋設物調査(西区京町堀通入口、大阪市)

写真撮影,文とも:宮崎隆介(JRMN会員)

   都市の地下(アンダーグラウンド)には多くのインフラ設備が埋まっている。 普段はそれらの設備の中継箇所の人孔蓋しか顔を見せていない。 道路工事を行う時、誤って損傷しないために写真のように事前に試掘して種類、 大きさ(径)、埋設深さなどを仮復旧の路面に表示する。 都市では毎月定期的にインフラ企業体が集まり、自ら工事をする場合や工事をしなく ても他の企業体の工事で損傷を受けないために情報を交換し合う道路管理者主催の 「地下埋設物調整会議」を行っている。 都市が経済活動や市民生活を円滑に運べるよう〈縁の下の力〉で支えているのだ。 市民(歩行者)は自分たちの生活が多くの人々によって担われていることを改めて思い、 感謝したいものだ。

[過去の〈今月の1枚〉](2013年11月から掲載を始めました)
2013年11月2013年12月2014年1月2014年2月2014年3月2014年4月2014年5月2014年6月2014年7月2014年8月2014年9月2014年10月2014年11月2014年12月2015年1月2015年2月2015年3月2015年4月2015年5月2015年6月2015年7月2015年8月2015年9月2015年10月2015年11月2015年12月2016年1月2016年2月2016年3月2016年4月2016年5月2016年6月2016年7月2016年8月2016年9月2016年10月2016年11月2016年12月2017年1月2017年2月2017年3月2017年4月2017年5月2017年6月2017年7月2017年8月2017年9月2017年10月2017年11月2017年12月2018年1月2018年2月2018年3月2018年4月2018年5月2018年6月2018年7月2018年8月2018年9月2018年10月2018年11月2018年12月2019年1月



©  CopyRight2008  Japan Risk Manager Network   All Rights Reserved