トップページ> コラム欄

コラム欄

リスクについて関心を持つJRMNの会員やパートナーから提供いただいた、広い意味でリスクにかかわるスナップ写真を「今月の1枚」(フォトエッセー)として 基本的に毎月掲載するとともに、日常のなかから紡いだエッセーなどを不定期に掲載します。

 今月の1枚

リスクについて関心を持つJRMNの会員やパートナーから提供いただいた、広い意味でリスクにかかわるスナップ写真を「今月の1枚」 (フォトエッセー)として基本的に毎月掲載します。

◆「今月の1枚」(5月)
今月の1枚(5月) 浸水対策下水道トンネル工事現場(京都市伏見区)
 

写真撮影・文とも 
宮崎隆介(JRMN会員)

  先日春の天皇賞を間近に控えた京都競馬場(淀)近くまで工事見学に出かけた。大都市部では下水道整備はほぼ終わっていると思われがちだが、 田畑の宅地化による遊水機能の喪失と局地的な豪雨の頻発などによる雨水流出量の激増に耐えられなくなっている。下水道の重要な役割の一つ である雨水排水(浸水防除)の能力増強のため道路の地下深く(この現場では地下20数メートル)で、人知れず昼夜兼行でトンネル工事が 進められている。工事の始点、終点間2.2キロメートルを地上に顔を出すことなく地下に潜ったまま堀り進む。途中に数か所ある直角に曲が る交差点でも地上の交通に支障を与えないよう急曲線でそのまま掘り進む。
  写真の手前茶色っぽいところが交差点を直角に曲がる部分で、奥に見える白っぽいところは交差点を曲がり終えて直線部分に戻っ ているところである。このトンネルは自然流下の計画で完成後の直径3メートルになる。流下ではなく貯留機能(雨天時に貯め、降雨終了後排水 する)を目的にする場合もあり、そうした時は地下鉄が通れるくらいの大径のトンネルを掘ることもある。大阪や東京圏では直径10数メートル というものも建設されている。
  浸水を防ぐためにはこうした大規模な公共工事が大事であるが、戸建てや住宅団地、大規模建築(国技館が有名)などで屋根に降った 雨をためて下水道に流れ込ませないようにする試みが広く行われるようになってきている。貯めた雨水は散水、洗車用などに利用でき、一石二鳥と なる。昔は天水桶などと称され、防火用水などを目的に広く見られたものであるが、浸水を防ぐための一助にもなるように新しく現代によみがえっ てきたのは面白い。

  [過去の〈今月の1枚〉](2013年11月から掲載を始めました)
2013年11月2013年12月2014年1月2014年2月2014年3月2014年4月2014年5月2014年6月2014年7月2014年8月2014年9月2014年10月2014年11月2014年12月2015年1月2015年2月2015年3月2015年4月2015年5月2015年6月2015年7月2015年8月2015年9月2015年10月2015年11月2015年12月2016年1月2016年2月2016年3月2016年4月2016年5月2016年6月2016年7月2016年8月2016年9月2016年10月2016年11月2016年12月2017年1月2017年2月2017年3月2017年4月



©  CopyRight2008  Japan Risk Manager Network   All Rights Reserved